暮らし

豊前市 道の駅おこしかけ ゆたか商店のごま油!ごま油を極めたおいちゃん。

福岡県と大分県の県境に位置する豊前市。

国道10号線にある道の駅「おこしかけ」は、ドライブに立ち寄る人だけでなく、取れたての野菜やくだもの、地元の特産品などを目当てに、京築の人も多く利用しています。

今回は、豊前おこしかけで有名な、

「ごま油のおいちゃん」にお話を聞いてきました。

 

ごま油のおいちゃんとは?

 

「豊前の無添加のごま油、知ってる?」

「豊前のおこしかけにいるおいちゃんのごま油でしょ?」

 

数年前、料理教室に参加していた時に、話題に出たおいちゃん!

「とにかく、豊前のおこしかけに行ったら分かるから!」と言われ、
帰りにそのまま買いに行ったことを覚えています。

 

さらに、その数年後、行橋市ゆくベジさんの取材で、ゆくベジ記事はこちら!

おいちゃんのごま油が使われているとの話を聞き、おいちゃんの人気をあらためて知ることが出来ました。

ごま油一本20年!ゆたか商店

 

「ごま油一本よ!浮気しとらんよ!」

そう話すのは、

道の駅の敷地内に店を構え、ごま油を実演販売している、「ごま油のおいちゃん」こと、ゆたか商店の吉川さんです。

香ばしい匂いに足を止めた私に、

「はい、これ食べてん!」とごまを試食させてくれました。

 

ごま油を極めた男!

「他の人には、ごま油以外の加工品も勧められたけど、これ一本で今日まできたよ」と笑顔で話してくれました。

親しみやすい吉川さんは、ごま油のことを質問したら何でも答えてくれます。

洗いゴマを回転鍋で炒り、時間を調節して、浅煎り、深煎り、そして、味が濃く甘さ控えめな黒ごま油と三種類のごま油を作っていくそうです。

 

炒りたてのゴマは、ふっくらしていて芳醇。

それを贅沢にも潰し、ゴマの豊富な栄養素を全て絞り出していきます。

さらにろ過して、添加物を一切使わない極上のごま油が完成します。

安心安全なごま油を作るために、全ての過程を一つ一つを丁寧にこなし、吉川さんのこだわりを感じます。

ゆたか商店 三種類のごま油!

三種類あるごま油で、

定番は白ごま深煎り”だそうです。

見た目の色より、ごまの風味にコクがあり、サラっとしていてくどくなく、後を引かない油の美味しさが残ります。

ちなみに、我が家では、サラダには“白ごま浅煎り”を使用しています。
深入りよりさらにあっさりとしていて、まさにオリーブオイル!
塩と白ごま浅煎りで、トーストを食べるとバターなんて要りません!

ぜひ、試してみてくださいね!

おまけ

ごま油を買ったお客さんには、

ごまフレークをおまけしてくれます。

ごまフレークは、ごまの油を絞った後に出るものですが、食物繊維たっぷり!!

食物繊維は第六栄養素として、お腹の調子を整えるだけでなく、腸内の有害物質を排泄してくれ、血糖値の上昇や血中コレステロールを調整してくれます。

ごまって最高ですね!!

ゆたか商店 概要

 

店名 ゆたか商店
ジャンル ごま油
住所 〒828-0011 福岡県豊前市四郎丸1041−1
HP ゆたか商店 ※こちらから商品購入出来ます。
ABOUT ME
sono
産まれも育ちも京築人。山が好き、海が好きなキャンプ好き。スポーツインストラクター。京築で子育てイベント「ママ笑」や出逢いイベント「アオハル。」を主催。スポーツマネジメント・イベント企画のY's Links Management (同)設立。小中高の三姉妹母。2020年よりフリーライターとして、京築ママライター&西日本新聞「てくてく京築」担当ライターを務める。