暮らし

簡単!美味しい!サツマイモクッキーの作り方

近頃はいっそう肌寒くなり、サツマイモが美味しい季節になりましたね。
今日は、サツマイモをつかった簡単・美味しい!サツマイモクッキーの作り方をご紹介したいと思います。
サツマイモの時期になると、毎年作っています。簡単で美味しくて、見た目も可愛く子供たちにも好評です。

芋の皮に見えるのは、生地にまぶした紫芋パウダー。

サツマイモクッキーのレシ

ー材料ー
サツマイモ1本(約150g)

A.バター(室温に戻す) 40g
A.砂糖  50g
A.卵 1個

小麦粉 100g
ベーキングパウダー 4g(小さじ1)

紫芋の粉 適量
黒ゴマ  適量

1.サツマイモに竹串がスッと通るまで茹でて、しっかり裏ごしする。

裏ごし器がないときは、マッシャーやフォークで潰してもOK!
今回、時短のため電子レンジで柔らかくしました。


2.室温に戻したバターをボウルに入れて泡だて器で混ぜる。(A)

3.(A)のボウルに砂糖を入れ、粒々がなくなるまで泡だて器で混ぜる。

4.(A)のボウルに、溶き卵を少しずつ入れ、泡だて器で混ぜる。

5.(A)に1.で裏ごしたサツマイモを投入し、クリーム状になるまで泡だて器で混ぜる。

6.小麦粉とベーキングパウダーを粉ふるいにかけつつ、5.のボウルに投入。ゴムベラでさっくりとすり合わせ、粉っぽさがなくなるまでなじませる。

粉ふるいが無いときは、泡立て器でぐるぐる混ぜてダマをとります。
切るように、すり合わせるように粉となじませていきます。
粉っぽさがなくなればOK!


7.ラップに包んで棒状に形成。表面全体に紫芋パウダーをまぶして、再びラップに包む。

くるくる。くるくる。一番楽しい作業。
見た目がサツマイモ。


8.棒状のまま冷凍庫で2時間以上冷やす。

9.オーブンを180度20分に設定する。

10.オーブンを温めている間に、棒状のクッキー記事を約8mm幅で輪切りにして天板に並べる。真ん中に黒ゴマをのせる。

紫芋パウダーは省略してもOKだけど、あるとサツマイモ感満載です。
アントシアニンが卵白に反応して所々で緑に変色することがあります。焼くとほとんど気になりません。


11.180度に温まったオーブンで、20分焼く。

焼き上がりはこんな感じ。焼き時間はオーブンによって変わるので、様子を見ながら調節してください。ちなみに我が家のオーブン(庫内温度が下がりやすい)の設定は23分。

以上が、本来の手順にのっとった丁寧な作り方です。

電子レンジとフードプロセッサーで、もっと手軽に、簡単に!

1.サツマイモをラップに包んで電子レンジでチン!竹串がスッと通るまで温めます。

電子レンジの機能で、”自動あたため”や”根菜”メニューで、温め時間をレンジ任せにすると、なお時短に!

2.フードプロセッサーに1.のサツマイモを入れてガッ。バター、砂糖、卵の順にフードプロセッサーでガーッ、ガガッ、ガーッ!と混ぜれば、あっという間に1~5の手順が終わります☆

本当はフードプロセッサーで作りたかった…。しかしこのタイミングで故障!

フードプロセッサーの出番はここまで。粉はさっくりと混ぜ合わせたいので、6.からの手順は上記と一緒です。

私はいつも2倍量で一気に仕込むのですが、この前は3倍量をフードプロセッサーに投入して回させましたところ、容量オーバーでブレードが回らず、それでも無理やり回して動かしておりましたら、モーターの部分から焦げ臭い匂いがしてきて、…それでもその日は最後まで動いてくれたのですが。後日、使おうとしてスイッチを入れても何も反応してくれませんでした。壊してしまったようです。無理をさせてしまい申し訳なかったです。反省…。

見た目はサツマイモ、味もサツマイモ。だけど柔らかくて、ほっこり甘い。

我が家の子供たちも大好きなおやつです。

ちょうどサツマイモが手に入りやすいこの季節に、おすすめの一品。

よかったら作ってみてください。

※サツマイモは煮ても焼いても蒸してもOK!竹串がスッと入るくらい柔らかくなるまで火を通すことが大事です。

※バターは菜種油、米油、太白ごま油でも代用可能です。ただ、油の場合は生地が柔らかめに仕上がるので、輪切りの時につぶれやすくなることがあるのでお気を付けください。

 

ABOUT ME
ちひろ
ちひろ
福岡市出身。早稲田の二文卒。元役者(主に舞台)&ナレーター(主にテレビ・ラジオCM)現在は3児の母。京築ママライター。西日本新聞「てくてく京築」ライター。 料理好き。食べるのはもっと好き。現在、最高体重を更新中であるため、何とか痩せる方法がないかを常に考えている。