コラム

子育てママへ。その悩み、脳内リセットプラスに変換!

けいちく暮らしの子育てコラム『子育て暮らし』。
第2回目は、子育て歴17年目3児の母ライターsonoが、子育て経験エピソードをお届けします。

 

脳内リセット、プラスに変換!

 

出産してから、赤ちゃんがいる生活に慣れなくて、体が常にキツかった。

「首が据わったら安心ね」って言われた時、

「もう少しだ、頑張ろう」と思えた。

 

でも、ハイハイとあんよが出来たら、

今度はイヤイヤ期が来て、

「もう大変!!何にも出来ない!私だけ何でこんなに大変なの?」と思っていた。

 

「3歳過ぎたら少しは楽よー」とか

「小学校にあがったら本当に楽よー」って言われたけど。

小・中学生になると習い事の送迎も大変だし、反抗期だって、進路の悩みだってある。

高校生になった今、毎日のお弁当作りにうんざりするし、帰りの時間も心配だ。

 

ふと、気づいた。

「私、ずっとだ!」

子どもは成長しても「子育ての悩み」は漏れなくついてきた。

「いや、違う。」

子どもは成長しても「子育ての悩み」として、愚痴と不満を大切に持ち続けてきたのは、私自身だ。

 

人生で子育ては十数年。

「いつか戻れない過去になるなら、期限ある今を楽しんで、子どもの成長を見届けてやろう!」と思ったり、怒ったり、落ち込んだりしながら、

何度も何度も、脳内思考回路をリセットし、
どうにかプラスに変換して、今日も子育て頑張るお母さんは、やっぱり最高に誇らしい!

 

 

 

 

 

※この文章は、築上町広報令和2年12月号に掲載した子育てコラムを加筆・修正しています。

新1年生のランドセル選び。我が家の長男のチョイスした色は…ゴールド!?「ゴールドのランドセルがいい」と譲らなかった息子に思うこと。...

 

 

ABOUT ME
sono
sono
産まれも育ちも京築人。山が好き、海が好きなキャンプ好き。スポーツインストラクター。2012年より京築で子育てイベント「ママ笑」や出逢いイベント「アオハル。」を主催。2019年スポーツマネジメント・イベント企画のY's Links Management (同)設立。小中高の三姉妹母。2020年よりフリーライターとして、京築ママライター&西日本新聞「てくてく京築」担当ライターを務める。