食べ物

生姜と甘酒でほっこり元気に♪『リノの森』@行橋

ゆめタウン行橋の南口を出てほど近くに看板を出す小さなお店、『リノの森』を知っていますか?

6月にリニューアルオープン

『リノの森』は、今年1月から約半年の休業期間を経て、6月17日にリニューアルオープンしました。
7年前の創業当時から変わらないのは「体に優しい」「元気が出る」商品作り。九州産生姜と米麹甘酒を使ったと国産小麦粉を使ったパンを中心にメニューが新しくなりました。
「お母さんが元気だとみんなも元気になる。みんなが元気だと行橋も元気になる」と語るのは、店長の岩﨑まゆみさん。岩﨑さんのほんわかとしたお人柄は、お店に流れる優しい雰囲気そのものだと感じます。

生姜と甘酒と、国産小麦パン

創業当時から変わらないのは「体に優しい」&「元気が出る」商品作り。リニューアルに際し、お店のメニューの中心に添えたのは、生姜と甘酒と国産小麦パンでした。黒板には『リノの森』オリジナルのドリンクメニューが並びます。
「数年前に、どうも元気がなく疲れが取れない時期に甘酒を飲んだところ、シャキーンと元気が出たんです。調べたら、栄養満点!体にも肌にも優しいし、何より美味しいのが甘酒の魅力です」と笑顔で話す岩﨑さん。
店のドリンクメニューの一つ、甘酒と、ジンジャージャム、炭酸で作った【アマピス】は『リノの森』が※京築ジンジャープロジェクト参加する呼び水となりました。プロジェクトメンバーの1人がお店でアマピスを飲んだことが、岩﨑さんへプロジェクト参加の声がけをするきっかけだったのです。
※京築ジンジャープロジェクトとは、京築産生姜を使った特産品で地域おこしをする団体のこと。

店内には京築ジンジャープロジェクトで開発した商品も置かれています。
国産小麦パンに使うのは、バター、菜種油、米油、鹿児島県産粗糖などのこだわりの材料で、体への優しさが溢れています。ふわふわのパンは小麦の風味が豊かでもっちりと甘くてハマってしまいそう…!

おすすめメニューは…?

全部おすすめですが、せっかくなので何点かピックアップ!
(左)ジンジャーピリーノ(ホット)
ジンジャージャムと甘いミルクとホイップのドリンク。ピリッと生姜の辛味がアクセントだから、「ピリーノ」。ほっこりと甘くて、体の内側から癒されます♪
(中)生姜と甘酒のスコーン
一番人気!今年1月に博多大丸で開催された京築ジンジャープロジェクト『生姜女子会』で出品した際も大好評だったそうです。スコーンのざっくり感と粒々した生姜の食感がたまりません♪
(右)メロンパン
創業当時からあるメロンパン。子どもにも安心して食べさせられると根強い人気があります。大人も子ども喜ぶ素朴な甘さが魅力です♪
他にも、季節ごとに旬のフルーツを使ったパフェや、
BLTワッフルサンド』や『季節のお野菜たっぷりスープ』で軽めの食事をとることもできます。テイクアウトも可能です。

『リノの森』のメニューはどれも体に優しくて、口に入れるとほっこりと元気が湧いてくるようでした。
体の内側からリフレッシュをしに、足を運んでみてはいかがでしょう♪

『リノの森』概要

店名 リノの森
ジャンル カフェ
住所 福岡県行橋市西宮市3-7-12 (ゆめタウン行橋隣)

駐車場 約2台分
営業時間 OPEN 10:30 CLOSE 15:00
営業日 水・木・金・土曜日(不定休あり)
問い合わせ先 090-9405-7973
SNS facebook   instagram

 

ABOUT ME
ちひろ
ちひろ
福岡市出身。両親の実家がある京築は、子供時代、帰省先として夏と冬に訪れる場所だった。 大学進学で上京。東京で舞台役者の下積み修行中、東日本大震災をきっかけに、祖父を頼ってみやこ町に移住。京築の自然と歴史に惹かれ永住を決めた。 現在は行橋市在住。3児の母。